自意識の海。

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自意識の海。

ここは、自意識の海。

湯シャン、椿油、つげの櫛。

雑記

 

この1年半、お湯で髪を洗う“湯シャン”を実践しています。

もともとぼくは、シャンプー前にたっぷりのお湯で髪を流す習慣があったので、お湯だけでも汚れは十分落ちるというのはなんとなく実感がありました。

 

今回は実際に湯シャンをやってみて感じた変化とその方法、心得について書きたいと思います。

 

***

 

○方法

 

ぼくの湯シャンのやり方は、よく紹介されてるものとほとんど同じです。

一応手順をご紹介しましょう。

 

①つげ櫛で髪をよくとく。

②37℃〜40℃(季節やコンディションに合わせて調整)のお湯で流す。

③セルフヘッドスパ

④再度、お湯で流す。

 

こんな感じです。とくに変わったことはしてませんね。笑

 

つげ櫛は、

f:id:minikcha:20170214223026j:image

これ。ハンズで3,000円くらいで買いました。

櫛が細かく、椿油が塗り込まれているものであればどんなものでもいいと思います。

使っていくうちに櫛がパサパサになってきたら、椿油を染み込ませます。

f:id:minikcha:20170214230816j:image

椿油を足すだけで、といたときの髪のツヤが全然違いますよ。

 

髪をとく目的は、お湯が通りやすくなるようにすることと、髪についた汚れやホコリを取ることです。ぼくは、“櫛だけで汚れを落としきってやる!”くらいの気持ちでやってます。

 

流すときのお湯は、あまり熱くしません。37℃程度のお湯で流すのが髪のキューティクルにとって最適らしいので、その水準を極力守ります。

でも冬季など、寒い日には40℃くらいまでなら良しとしてます。風邪引いたら元も子もないので。

 

セルフヘッドスパは血行促進のためにやってます。指の腹で、やさーしく頭皮を揉みほぐします。湯船に浸かりながらやると気持ちいいんですなー。

 

 

 

○湯シャンを始めてから実感した変化

 

これに関しては良いことと悪いこと、両方あるのでそれぞれ。

 

♩良い変化♫

 

①抜け毛が減った。

ぼくはもともと、季節の変わり目などに髪が抜けやすかったのですが、湯シャンにしてから圧倒的に抜けなくなりました。

もともと毛量は多いのでそこまで気にしてはいなかったのですが、これは嬉しい変化ですね。

 

②頭皮の乾燥が緩和され、かゆみがなくなった。

ぼくは相当な乾燥肌の持ち主です。

冬季は乾燥によるかゆみがひどく、頭皮も例外ではありませんでした。

しかし、湯シャンに移行して3ヶ月ほどすると、頭皮の乾燥が治り、かゆみもなくなりました。

 

③髪にツヤが出た。

前項でも書いた通り乾燥が緩和されたことで髪もパサつかなくなり、ツヤが出ました。

 

⚠︎悪い変化⚠︎

 

①髪にホコリが付着しやすくなった。

シャンプーをやめるにあたって、トリートメント剤の類も使わなくなったため、静電気が発生しやすくなり、髪にホコリがつきやすくなりました。

しかしこれに関しては、ブラッシングすることで取れるのであまり問題ではありません。

 

②整髪料を使いにくくなった。

シャンプーを使っていたころは、ヘアワックスやスプレーを使っていました。

しかし、お湯で洗うようになった今はそういった整髪料を使ってしまうと、なかなか洗い落とすのが難しくなります。

だからもうずいぶん凝ったヘアセットはしていません。演奏会などの晴れ舞台の際に、ちょっとだけ寂しくなりますね。笑

今は、お湯だけでも洗い落とせる、▼シーソルトスプレーを使っています。

シーソルトスプレー。 - 自意識の海。

 

 

 

○心得ておくべきこと。

 

①湯シャンは体質によって向き不向きがある。

 

良いこともたくさんある湯シャン。しかし、万人にとって有効な方法ではありません。

ぼくは皮脂が少ない体質なので上手く移行出来ましたが、オイリーな肌の持ち主だと少し難しいと思います。

そういった方は急に湯シャンに完全移行するのではなく、少しずつシャンプーを使う頻度を減らし、自分が不快を感じない程度のレベルを保ちながら湯シャンに移行していくことをオススメします。

 

②周りの理解も大切。

 

自分にとってメリットのある湯シャンも、近しい人に不快感を与えてしまっては悲しいもの。家族や恋人の理解を十分に得ることは大事です。

もし、湯シャンが原因で家族や恋人に嫌われるようなことがあるなら、やめておくべきでしょう。

ぼくは彼女がすごく良い理解者なので、ミニマリスト生活も湯シャンも受け入れてもらってます。ありがたや。

 

***

 

ぼくは湯シャンを始めてから、良い変化の方を多く実感できています。今やニオイもフケもなく、良い状態をキープ出来ています。

 

湯シャンについて、中には「逆効果だ」という見解もありますが、正しいやり方をマスターすれば嬉しい効果の方が多く現れるはずです。

大事なのは、この「正しいやり方」というのが、「“自分にとって”正しいやり方」だということ。

まず自分の体質をしっかり分析、出来たら周りの人にも相談した上でやってみることをオススメします。